がんは早期発見で完全に治すことのできる病気です

いまや日本人の女性の11人に1人が乳がんになると言われており、女性のかかるがんの第一位、35歳から64歳までの女性のがんの死亡の第一位ともなっております。
一方、早期発見すれば完全に治すことのできる病気でもあります。

乳がん検診ってどんなことするの?

乳がんの診察は

1、視触診
2、超音波(エコー)
3、マンモグラフィー
(乳房X線)

が基本となります。

当院ではいつでもマンモグラフィー,エコーともに検査可能で,結果もすぐにモニター画像を示しながら説明いたします。

精密検査として

4、穿刺吸引細胞診
(ABCまたはFNA)

5、針生検  
以上の検査でほとんどの診断はつきます。

細胞診も診察日にすぐ行なうことができます。結果は後日となります。

とても判断が難しい場合や乳がんと診断がついたあとの治療に関連する検査としては

6、マンモトーム
7、CT,MRI
8、骨シンチ
9、PET 

などがあり、これらは他院に紹介して撮ってもらいます。

どの検査を選べばいいの?

最近では多くの自治体の乳がん検診でもマンモグラフィ検査が行われています。超音波検査では見つけることのできない微細石灰化も、マンモグラフィ検査なら見つけることができます。
妊娠中,豊胸術後など特別な理由がなければ、マンモグラフィ検査をおすすめします。欧米で乳がん死亡率が低下してきている原因の最も大きな原因はマンモグラフィ検診の普及によるとされています。強く乳房を挟み込まないときれいな写真が撮れませんのでお許しください。
ただし、特に乳腺の発達している40歳未満の方では乳がんの約30%はマンモグラフィ検査でも発見できません。
一方、超音波では年齢に関係なく圧迫などの苦痛も無く検査を行なえます。石灰化をとらえるのはマンモグラフィの方が勝りますが、腫瘤を発見し中身の構造までとらえることができるという特徴があります。

それぞれの特徴があるため、超音波とマンモグラフィーと両方受けることをお勧めいたします

機械を使っての検査も大事ですが、最も大切なのは日々の自己検診です。
あまり熱心にしても長続きしませんから、お風呂に入ったときに簡単に左右の胸を手のひらでさわることをお勧めします。

乳房モデルも院内に置きました。正常乳房,良性腫瘍,乳癌がいくつか潜んでいます。自己検診,触診の参考に触ってみてください。

乳がん治療に関連して骨粗鬆症を促進させてしまうこともあります。
簡便な骨密度測定器を導入しました.乳がんでない人も骨の健康に興味を持ってください。

PAGE TOP